ISDで見る!自民党総裁選2021

コラム

まさかの菅総理の「総裁選不出馬」により一気に騒がしくなってきましたね。

今回は、昨日時点(9月10日)で出馬を表明している目玉候補となる3人の候補者を「ISD個性心理学」的に分析してみようと思います!!

このテーマはISD個性心理学協会初代会長の一面先生が大得意とするところですが、今回はCLOVER famで時事問題を担当するワタクシが切り込んでみたいと思います!

今回取り上げる3人の候補者は

岸田文雄氏

河野太郎氏

高市早苗氏

(アイウエオ順)

です。

 

まずは岸田文雄さんから。

祖父の代から3代続いての政治家ファミリーで安倍内閣では長期にわたり外務大臣を務められました。

岸田さんの個性は【W+ 子守熊(コアラ)🐨 エリート】です!

真面目で冗談が通じない人のように思われがちですが、誠実な態度で人と接し、堅実で保守的な道を歩む方です。

おっとりとしていて目立たないのですが、裏表がなく、組織の潤滑油、バランサーとしての役割で力を発揮し、

リーダーとなる器の持ち主でもあります。目標をしっかりと持ち、ブレずに真っ直ぐ向かっていくタイプ。

グイグイと引っ張っていくというよりも、人の意見を受け止める形のリーダーです。

聴く力があるので交渉相手とは根気強く話し合い、バランスを取ることが出来るようです。

とても几帳面な性格で、責任と役目を与えられると、もてる力をフルに発揮し、頑張っていく責任感の強い人。

何事も慎重で軽率さがなく、几帳面で誠実で責任感の強いお人柄とお見受けします。

家柄的にも個性的にも、本当に”エリート”な方ですね。エリート官僚、みたいな。

ISDとは関係ありませんが、酒豪だそうで、外務大臣として各国の外相や要人たちとお酒を酌み交わし、

関係改善にプラスに働いたこともあるそうです。ちょっと意外ですねw

 

そして河野太郎さん。

こちらも3代続いての政治家ファミリーです。

外務大臣や防衛大臣を歴任し、現在の菅内閣では行政改革担当大臣とワクチン担当大臣等をされています。

河野太郎さんの個性は【W- 黒ひょう🐆 マイペース】です。

最新のものが大好きでオシャレでスマートな黒ひょう。

あのファッショナブルなマスクを見れば、ISDを学んだ方はすぐに黒ひょうだとわかりますよね〜😷

ちなみに日本メガネベストドレッサー賞・政治部門を受賞されたこともあるそうです👓さすが黒ひょう!!

目標をしっかりと定めてブレずにそこに向かっていくタイプなのは岸田さんと同じです。

チャレンジ精神旺盛ですぐに行動に移します。突撃型なので現場に出て第一線で先頭を切ることも得意です。

何事にも挫けず正義感が強いため、頼れるリーダーと映るでしょう。

マイペースで頑固なので組織の規則や規律等に縛られることを好まず、自分のペースで仕事をしがち。

上司からは扱いにくいタイプでしょうねw

ナイーブな一面もあるのでTwitterなどで中傷されると相手をブロックしてしまうのかもしれません。

 

そして高市早苗さん!

松下政経塾出身で総務大臣、内閣府特命担当大臣(マイナンバー制度担当)などを歴任されています。

今現在唯一の女性候補、笑顔が印象的です。

高市さんの個性は【E- 狼🐺 ワイルド】

オリジナリティを求める人です。いつも考えているので本質を付いた意見を言います。

クールでとらえどころのない方ですが、実際は明るくどんな方とも気さくに話すので好感が持たれます。

社会や人のために役立つことに喜びを感じ、喜んでもらえるとやる気が出ます。

周囲の声をたくさん聞き出して、客観的に物事を判断することに長けています。

行動力があり竹を割ったようにスパッとした一本気な性格なので、

安倍元総理に「ほんなやったらわたし出たるわ!」と啖呵を切ったというのはワイルドな高市さんらしいですね。

目標をしっかりと定めてブレずにそこに向かっていくタイプなのは岸田さん、河野さんと同じです。

瞬発力というよりも洞察力や判断力があり、冷静にジャッジすることができるので、

後方から的確な指示で前線をサポートし、

良好なコミュニケーションで適材適所に人を配置し活かしていくリーダーシップ力があります。

 

 

さて、大まかに3人の候補者の個性を見てみました。

今回の総裁選、わたしたちに投票権はありませんが、ISD個性心理学を通じてその人柄を推測してみると

なかなか興味深いですね!

遠い話だった総裁選が、候補者の個性を知ることにより親近感を持って見られるようになった気がします。

河野さんの「黒ひょう」はイメージ通りだったし、岸田さんの「エリート」も高市さんの「ワイルド」も思わず納得!!

改めてISD個性心理学ってすごいなと思いましたよ〜

次の自民党総裁は第100代総理大臣となります。

上記の個性を見ながらあなたならどなたに日本の舵取りを任せたいのか、ぜひ考えて見てくださいね!

 

次回は総裁選当日(9月29日)のお三方のリズムについて見てみたいと思います。

 

ステキな週末を!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP