陰陽五行説「五本能」から導き出された『レール』とは???

コラム

皆様こんにちは!

Ayumiです。

ISD個性心理学の中には「レール」という動物のキャラクターとは別の分類方法があります。

「レール」は、陰陽五行説の「5本能」の考え方から導き出され10種類に分類されます。

生き方や自分の強み・本能など、生き方に直結していて、これが本当に面白い!!

私が、ISD個性心理学で1番興味を惹かれた部分が、なんと「レール」でした♡

今回は、レールからみた私を客観的に診断してみたいと思います!

 


【レール/エリート】

自他共に厳しく、常識的で世間体を大切にするThe優等生タイプ。

きちんとしていて責任感があり、とっても真面目なので堅苦しさを感じさせる事もありますが、

自分の信じた道を切り拓いて進んでいくエネルギーを持ち合わせています。

責任感の強さから頑張りすぎるところがあるので、他人に頼ってみることもポイント。

組織を動かす天才♡


 

うんうん。まさに私ですw

自分に負けることが許せなくて自分に厳しいタイプ。

子供達(特に長男)に厳しめでしたが、ISDを学び始め個性を受け入れ尊重できるようになったので、厳しさの押し売りをしなくなったはず!!

ちなみに…。

夫に関しては放任主義。

夫は私とは真逆で、常識や伝統に縛られる事を嫌い、枠にはめられる事を好まないレール。

私にはない感性がとっても面白いし、常識を大切にする私にはとっては刺激的でもあります。

こんな風に、家族であっても個性は全く違うので、

他人と自分の個性を認め受け入れていくことで、スムーズなコミュニケーションが取れるようになるんですよね。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

素敵な1日をお過ごし下さい✨

 

Ayumi

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP