最強チームの作り方

ISDの活かし方

相手が理解できない言葉や、理解できないタイミングで話をしてないでしょうか?
自分の価値観だけで話を押し付けてないでしょうか?
間違った声掛けは、やる気を失わせたり、自信をなくさせてしまいます。
人にはそれぞれ個性があり、違った才能を持っています。
相手の「個性」と「才能」を理解し、相手に合わせたアプローチをしてあげることで、大きな信頼関係だって築けるのです。
また、組織なら話の入り方を意識した組織づくりになっているかもポイントです。
個性は大きく分けて「SUN」「MOON」「EARTH」と分類されます。
月は太陽がいないと輝けないし、地球は月の影響を強く受けています。そして地球上のあらゆる生物は太陽のエネルギーを吸収して生きています。
このように個性には力関係があり、伝わりやすいコミュニケーションの法則があります。
ISD個性心理学でいうところのヒューマンリレーションですね。
このヒューマンリレーションこど最強のチーム作りをする鍵を握っているのです。

次回はヒューマンリレーションを使った最強のチーム作りを実例を交えてご紹介したいと思います。
では!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP